読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々見聞記也

見て聞いて感じた事を徒然と

真夜中のハーリー&レイス イベント 2016年10月6日

プロレス イベント

こんなイベントがあったので行って来た。

出演実況王清野茂樹講談師の神田松之丞ゲストトーク大槻ケンヂ夢枕獏という昭和プロレス匂いプンプンする曲者達

イベント清野茂樹アントニオ猪木VSハルク・ホーガンのIWGP決勝戦

所謂猪木舌出し失神事件というプロレス事件の中でも迷宮入りの不可思議事件写真のみで実況していく。

曰く、当時猪木新日本内でクーデターを起こされかけていた。

曰く、猪木途方も無い借金借金取り達会場張っていたが為に失神して脱出する必要があった。

等と当時の新聞レスラーへの検証を元に暴いて行く。

それを通してプロレスと言う全てが詰まった何かに対して親睦を深めようと上手く構成していたと思う。

続いて、神田松之丞講談「宮本武蔵」天才、名人と言って良い程の話の巧みさ感情移入度により講談を初めて観る客からも笑いどよめきが起こった。

更に続いてゲストトーク。

大槻ケンヂ夢枕獏のしみじみとしたプロレストーク。

プロレスをどこまで信じられるのか?どこまで愛せるのかという昭和プロレスファン特有のプロレス真剣勝負なのか論。

今現在では信じられないくらい凄い事をやっているショーとして楽しめるが、アントニオ猪木曰くプロレスキング・オブ・スポーツだった時代があり、それを証明する為に、ボクサー空手家マーシャルアーツアマレスの強豪達と闘ってきた歴史があるが故に昭和プロレスファンは常にレスラーガチンコで勝負していると洗脳されてしまった経緯がある。今は流石にショーだと理解していても過去真剣勝負だったと思っていた時の甘い思い出フラッシュバックの様に現れるのだろう。

大槻ケンヂ夢枕獏の過去のプロレス観を語る際のを観ていたかの様に語るの抜けた感じは清涼さすら感じるものがあった。

トリは神田松之丞の「グレーゾーン」八百長についての講談だった。

プロレスから始まり、相撲そして落語へと余りにもおかしな決め事の多い大衆演芸は何故今までそのまま続いているのか?に触れる長編新作講談

プロレスの八百長相撲の八百長落語八百長、これらは何故非難されつつも無くならないのか?

一般庶民何も持たない我々が自信を持てる何かがそこにあるからであるという締めくくり非常胸に刺さり場内もいつまでも拍手鳴り止まない程であった。

「グレーゾーン」訳あって今回が最終披露との事で非常に勿体無い限り。

しかし良いイベントだった!