読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々見聞記也

見て聞いて感じた事を徒然と

ミニファミコン

ファミコンのリメイク版任天堂より発売されるそうな。

オリジナルより小さくなったそうで何故か手のひらサイズとなり、

当然小さくなったのでカセットは挿せない。

本体に複数のゲームが入っているという現代仕様だという。

最初にプレイしたゲームは忘れられない記憶になっている人は多いだろう。

俺の場合はファミコンでは「ドンキーコングJR」だし、

ゲームセンターでは「アッポー」である。

「ドンキーコングJR」ベビーフェイスマリオにしてやられたヒールドンキーコングを助ける為に息子であるJRマリオ謀略をくぐり抜けてゆくアクションゲームである。

なんとなくなジャングルを模したステージ等は、危険がありつつもほのぼのとしているが、通路に多数の高圧電流が流されたを進むエレクトリカルステージは明らかにマリオJRを殺しに来ている!と体感出来る恐ろしい場面である。

「ドンキーコング」でのマリオデカいハンマーで暴れ回る事が出来たが、

「ドンキーコングJR」でのJRは己の身体能力フルーツ落とし当てるという見るからに慎ましい攻撃で前に進んで行かなくてはならないハードコアな仕様だ。

他では見られないマリオ攻めでは無く守りに回っている珍しいゲーム性でもあった。

流石にもうプレイする事は無いかと思ったが今回の発売を機にまた出来るのか!と喜び勇んで収録ゲームチェックしてみると「ドンキーコングJR」は収録されていなかった。

嗚呼!!