読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々見聞記也

見て聞いて感じた事を徒然と

ゴブリン森口 異能漫画家その1

コミック

ゴブリン森口という漫画家の「狂ったいけにえ」「狂気の感染源」「スラッシャー」という三作品には、有名なバイオレンス漫画の金字塔「北斗の拳」と同じ様に、

マッドマックスブルースリーに多大な影響を受けたバイオレンス作品のMFP(マッド・ファイティング・ポリス)というシリーズ物が載っています。

北斗の拳」がマッドマックスブルースリーなのに対し、MFPシリーズはヘヴィメタルの要素も強く含まれており、ランダムスター凶器や敵がクワイエット・ライオットの「メタル・ヘルス」アルバムと同じ仮面を被っていました。

また、アイアンメイデンキャラクターエディーそのまんまのキャラも居たり、聖飢魔IIの元ベーシストであるゾッド星島も何故か描かれていたり。

作者の偏愛が作品から溢れて出ている事が伺えます。

MFPシリーズは、マッドマックスっぽい近未来精神が弱い、或いは弱ってきた人達が悪魔身体を乗っ取られ、欲望のまま人間をレイプしたり残酷に殺したりするのを防ぐ警察(MFP)の日常を描いています。

悪魔的な怪物変質者アウトローアナーキストなんかをMFPのメンバーはブチ殺しまくるのですが、MFPのメンバーも反撃を受け虫けらの様に死んで行くという凄惨な殺し合い。

主人公は本家マッドマックスと同じ革ジャケットソードオフ・ショットガン拳銃には454スカール弾で武装し、最終的には巨体術という拳法悪魔をぶちのめす!

巨体術を使う際には覆面プロレスラーの様にマスクを被ったりする所がアメコミを意識していて、その先見性には今読んでも唸らされます。

全編破壊衝動に漲っており、マトモな人が一人も出て来ない所も最高です。

いつの日かMFPシリーズだけを再編して単行本として出ないかなあと夢想しています。